陸屋根に最適な屋上防水を選ぶコツ

屋上で家庭菜園を楽しむなら防水工事をお忘れなく! 屋上で家庭菜園を楽しむなら防水工事をお忘れなく!

屋上防水の種類

陸屋根の屋上防水の施工方法には大きく分けて3つの方法があります。それぞれの特徴を把握して、最適なものを選ぶようにしましょう。

陸屋根で一般的な防水工事

ウレタン防水
陸屋根の防水工事で約半数の割合で選ばれているのがウレタン防水です。液状のウレタンを複数回塗膜して防水層を作ります。複雑な形の陸屋根にもキレイに施工することができるという特徴があります。耐久年数は比較的短めですが、古い防水層を剥がすことなく施工できるので、施工費用を抑えることができ、工期も短いのが人気の理由です。ウレタン防水の場合は、定期的なメンテナンスが必須ですがメンテナンス費用も比較的リーズナブルに済ませられます。
アスファルト防水
防水材を塗るように貼り付けていくのがアスファルト防水です。合成繊維不織布の裏面にアスファルトが浸み込ませてあるルーフィングと呼ばれるシート状のものを使用します。ルーフィングを重ね合わせて貼り付けていき水密性に優れた防水層を作り上げます。ルーフィングの裏面のアスファルトをトーチバーナーで溶かしながら接着していくトーチ工法と、液状のアスファルト材を使用して、複数枚のルーフィングを交互に貼り合わせていく常温工法の2種類があります。
塩化ビニールシート防水
塩化ビニール樹脂でできたシート状の防水材を接着剤などで、陸屋根に貼り付ける方法を塩化ビニールシート防水と言います。シート状になっているため、角や末端の処理が難しく、技術力や経験のある施工業者を選ぶことが大切です。複雑な形の陸屋根には不向きな工法だと言えるでしょう。耐久年数は比較的短めですが、他の屋上防水の工法とは違って、色合いが選べるので、好みや用途に合わせて、屋上防水をインテリア感覚で楽しめるという特徴もあります。

どの防水工事にするか迷ったら

陸屋根の防水工事にはいくつか種類がありますが、家庭菜園を楽しむ場合には、費用や工期などの面からも塩化ビニールシート防水がおすすめです。

TOPボタン