屋上菜園に使える塩化ビニールシートの特徴

屋上で家庭菜園を楽しむなら防水工事をお忘れなく! 屋上で家庭菜園を楽しむなら防水工事をお忘れなく!

屋上菜園に適した塩化ビニールシート

屋上菜園には塩化ビニールシート防水がおすすめです。さっそくその耐久性や特徴をチェックしてみましょう。

塩化ビニールシート防水の費用と耐久性

塩化ビニールシート防水は種類が豊富で安価です(40代/男性)

屋上で家庭菜園を楽しみたいので、塩化ビニールシート防水を施しました。色やデザインが豊富だったので、妻の趣味であるガーデニング(イングリッシュガーデン)にも合うようにと、二人で相談しながら選ぶのが楽しかったです。費用が他の防水工事のものに比べて安価だったのも決め手になりました。屋上防水工事というと、作業が大がかりで時間がかかるイメージだったのですが、工期も短く、仕上がりもキレイで大変気に入っています。

屋上菜園に塩化ビニールシートが適している理由

屋上菜園をする時、どうして塩化ビニールシート防水が最適なんですか?
紫外線に強く、熱やオゾンに対する耐久性に優れています。耐摩耗性があるので、塩化ビニールシート防水は屋上での歩行が可能です。強度があるので、耐根性に優れているという点は屋上菜園にピッタリです。また、屋上菜園をしていると鳥が寄ってくることがあるのですが、カラスなどの鳥がシートをつついても穴が開きにくいという特徴もあります。
塩化ビニールシート防水のメリットを教えてください
自己消火性といって、塩化ビニールシートに火が引火しても自然に消火し、そのまま燃え続けてしまうということがありません。ただし、火災が起きた場合は燃えてしまうことがあります。また、柔軟性があるので施工しやすいだけでなく、施工の際に下地の撤去が要りません。そのため、低コストで改修工事を行なうことができます。軽量なので建物へのダメージも少ないというメリットもあります。
塩化ビニールシート防水にはどんな工法がありますか?
下地に緩衝材を挟み込み、鋼板やビスなどでシートを機械的に固定する「機械固定工法」と、下地とシートの裏面に接着剤を塗って貼り付ける「接着工法」の2種類があります。機械固定工法は基本的にはシートの上を歩くことができません。反対に、接着工法であれば歩行ができるので、屋上菜園を楽しむ場合には、接着工法で依頼するようにしましょう。

TOPボタン